受講者の声

インストラクター養成講座

石井 実千代さん

笑顔を心がけ、はっきりと伝えられるようになりました!

石井 実千代さん

職業
官公庁/秘書
年齢
30代
受講年度・受講講座
2016年度後期・1級筆記講座,1級面接講座
2017年3月インストラクター養成講座受講
秘書検定合格級・合格回
1級・110回
過去受講歴
015年後期・準1級筆記講座,準1級面接講座

※インタビュー内容はすべて取材当時のものです。

Q 早稲田ワーキングスクール(WWS)の講座を受講したきっかけは何でしたか?

秘書業務について今年で3年目。お客様が思った以上に多くいらっしゃる部署で、秘書のイメージは幹部のイメージにもつながるといわれていますので、「秘書技能検定」を受けようと決意しました。独学で2級に合格し、準1級を受けるときは、サイトで知ったWWSの筆記と面接の両方の講座を受講して臨みました。翌年1級に挑戦する際もWWSの両講座を受け合格。自分が受けた1級検定の倍率などを調べようとインターネットを見ていたときにWWSの「インストラクター養成講座」を知りました。「教える」ことに興味があったことと、人見知りを克服したいということもあり、この講座に参加したら「何か変われるかもしれない」と思って決めました。

Q 講座の内容はどのようなものでしたか?

石井 実千代さん

講師として人前で教えるという経験は今までなかったので、非常によい勉強になりました。また、参加した受講生の皆さんがとても素晴らしく、そのような方々と出会えてよかったと心から思っています。それぞれの歩んできた環境は違いますが、同じところをめざして一緒に頑張ることができました。3日間とも緊張の連続でしたが、非常に満足感の高い濃い内容だったと感じています。
1級までに学んだ前傾姿勢等の傾聴姿勢がインストラクター養成講座では、まったく異なると言われ、体にしみ込んでいたためにとても苦労しました。ビデオで撮った自分の所作をチェックすると、結構首を振っていたり、目線が一方に片寄って全体を見まわしていなかったりと、細かい点までわかった気づきが多くありました。

Q 講座受講前後で、検定試験への心構えや自信はどのように変わりましたか?

すべてが初めてのことばかりでしたが、皆さんそれぞれ個性的な方で、見習いたいと感じたことが多々あり、楽しかったです。短期間で人は変われるものではないと思っていましたが、プラスになる点がかなり多かったです。最初のインストラクションは散々でしたが、2回目のインストラクションまでの1週間、わかりやすく相手の立場に立って講義をするように心がけました。メリハリをつけたり、笑いを交えたり、笑顔を心がけて頑張れたと思います。講師に「よく頑張ったね」と言われ涙が出そうになりました。頑張り抜いたことが大きな自信になったように感じています。何かを変えることは大変なことですが、自分の中で確実に変わったと体感できたことが一番の収穫だったと思います。

Q 検定合格後、早稲田ワーキングスクールの講座はどのような場面で活きていますか?

学んだことは確実に職場で活きています。声が通るほうではなかったので、今までは職場の上司やお客様にぼそぼそと話していたように思いますが、声が通るような話し方も学び、はっきりとした言葉で伝えられるようになったので、受講後は自信をもって接することができるようになりました。
人と接することは職場以外にも常にあり、笑顔や言葉遣いなどは、これから先もどの場面でも末永く使えるものなので、学んだことを忘れないように過ごしていきたいと思います。